JAさがのご紹介

園児に牛乳「さが生まれ」贈りPR・JAグループ佐賀と県酪農婦人部連絡協議会が川上保育園に牛乳贈呈

JAグループ佐賀と佐賀県酪農婦人部連絡協議会は1日、佐賀市大和町の川上保育園に県産牛乳「JA牛乳さが生まれ」を贈った。
 JAさがの松尾芳磨常務と同協議会の原口眞里子会長、野口八重子さん、古川美津子さんが代表園児らへ牛乳を手渡し、園児らは牛乳を味わった。
 原口会長は「牛乳の良さが見直されてきている。熱中症や精神安定にも良い。とても栄養価の高い牛乳を摂って、元気に健康で大きくなってほしい」と園児らの健康を願った。
 この取り組みは、6月の牛乳月間と6月1日の「牛乳の日」や「父(ちち)の日」に合わせ、県産牛乳消費拡大運動の一環として2006年度から行っている。16年度から「大切な人に牛乳を贈ろう」キャンペーンと銘打ち、対象者の幅を広げ県産牛乳の消費拡大に努めている。
 園児らは「甘くておいしかった。これからも飲みたい」と笑顔で感想を述べた。
 JAグループ佐賀では、約20年前から県産牛乳を「JA牛乳さが生まれ」としてブランド化し販売している。

このページの上部へ