JAさがのご紹介

園児らが黒豆大豆の種まき・小城保育園

小城市の小城保育園の年長児25人は19日、黒豆大豆の種まきを行った。
 園児らはJA営農指導員から種まきの仕方を教わった後、園内の畑に丁寧に種をまいた。10月に収穫し、黒豆大豆のもちもちした食感を楽しめるよう、茹でて黒枝豆にして味わう予定。
 指導した佐城地区小城営農経済センターの柿本清孝職員は「土に穴を3センチ掘って、黒豆大豆3粒を入れて優しく土を被せてください。植えた後は、週に1回程度水をあげてください」と園児らにアドバイス。同センターでは、毎年食農教育の一環として7月に大豆の種まきを行っている。

このページの上部へ