ほっと! ガーデニング教室

9月:暑さに強い花を使って秋を迎える

まだまだつづく残暑にもしっかり耐える花を使った寄せ植え。

まだまだつづく残暑にもしっかり耐える花を使って、寄せ植えしてみましょう。後ろにススキを置くと、一足早く秋の涼しさを感じさせてくれますね。花と花との空間を大切に考えながら寄せ植えすると、生き生きと育ってくれますよ。

今月使用した植物

ペンタス

花期は7~10月まで。1つの花は1~2㎝の星型で、たくさんの花が密集して咲く

ススキ

株を分けて、葉の量を好みで調整することができる

日々草

花期は4~10月。水やりを忘れて葉の元気がなくなっても、すぐ水をやれば翌朝には元に戻る強い花。這性(はいせい)植物※

ジュズサンゴ

6~10月に光沢のある赤い小さな実が連なってなる

ジニアリネアリス

花期は6~11月まで。よい花を楽しむためには、毎月肥料をやる
※地面をはうように茎を伸ばして広がる植物

作成手順

鉢(直径24cm、深さ15cm)の底に、3㎝程度の小石を鉢底から約3㎝入れる

培養土を入れる

土の量の目安
ススキはポットをつけたまま入れ、ポットの高さと鉢の高さが合うまで土を入れる

ススキをポットからはずし、鉢の中央に植える

ペンタスを鉢の中央奥に植える
寄せ植えをする時は、他の花と大きさを比較して一番大きい(目立つ)花を中央に置くと全体のバランスがよくなる

日々草は鉢の手前中央に植える。這性なので鉢の手前に垂れ下がるように茎が伸びていく

ジュズサンゴはペンタスの左に、ジニアリネアリスはペンタスの右に植える

それぞれの花の根鉢と根鉢の間に土を入れる

花と花との間に空間ができるよう、ペンタス以外の花の葉を鉢側に少し傾けながら土を入れていく。光がそれぞれの花の根元まで当たり、風通しも良くなる

できあがり
できあがり

参考価格1,400円(鉢代込み)

制作者
制作者

JAグリーンしろいし花き担当 野中貞子
杵島郡白石町遠江183-1
TEL:0952-84-5565

★「黒い花ごしょう」をご存知ですか
こしょうは食べるだけでなく、見て楽しむ「花ごしょう」もあります。
「花ごしょう」には、赤や黄色の実のほか、黒色もあるんですよ。
JAグリーンでは、新しい品種や、その時期に育てやすい花など品揃えしています。ぜひおこしください。

季節別ガーデニング
このページの上部へ