ほっと! ガーデニング教室

7月:夏に楽しむガーデニング

真夏の直射日光にも負けません!

 今回は、夏に楽しむガーデニングです。夏の直射日光に負けない花材を選びました。夏の暑い日でも出しっぱなしで大丈夫!初心者にも簡単にできますよ。
 冬は室内で管理をすると、越冬ができるので、長く楽しめます。

今回使用する植物の紹介

セロシア.jpg

セロシア・カラカス

日当たりの良い場所と乾燥気味を好む。水切れに注意。

ルドベキア.jpg

ルドベキア

日当たりと風通しの良い場所を好む。繁殖力が旺盛。

anngeronia.jpg

アンゲロニア

乾燥のしすぎと肥料切れに注意。半日陰でも育つ。

ペンタス.jpg

ペンタス

暑さに強いため、真夏でも花を咲かせ続ける。

ハンギング.jpg

ハンギング日々草

日照不足になると茎が間延びし、花つきが悪くなるため注意。

メランポジューム.jpg

メランポジューム

乾燥しすぎに注意。半日陰でも育ち、丈夫で育てやすい。

準備するもの

カービングコンテナ(角)、培養土、ぼら土

作成手順

ぼら土(小石)をコンテナの底が隠れる程度入れる。

01.jpg

培養土を上から7分目程度まで入れる。

02.jpg

セロシアを中心にルドベキア(白)、アンゲロニア、ペンタス、ハンギング日々草、メランポジューム、アンゲロニア(ピンク)を時計回りに仮置きしていく。
位置が決まったら、ポットをとって植え付けていく。

03.jpg

全て植えたら、中の隙間から土を詰めていく。

04.jpg

指の腹で土を押し、くぼんだところはして隙間が出来ないようにする。
足りないところには土を追加して完成。

05.jpg

できあがり
ga-denigu.jpg

参考価格1,700円

制作者
IMG_5005.jpg

JAグリーンしろいし 野中 貞子
杵島郡白石町遠江183-1
TEL:0952-84-5565

■ポイント
 日当たりと乾燥に注意しましょう。

 

 

 

このページの上部へ