ほっと! ガーデニング教室

6月:爽やかグリーンのガーデニング

夏を涼しくしてくれるグリーンガーデニング

 今回は、爽やかなグリーンをメーンに植え付けを行いました。水を与えるとキラキラして見ているだけで涼しくなるようです。葉を中心にしているため、どの植物も葉焼けをしないように注意しましょう。強い日光を避けた、軒下などで育てて下さい。

今回使用する植物の紹介

supasi.jpg

斑入りスパティフィラム

直射日光に弱いため葉焼けしないよう、明るい日陰で育てる。

fito.jpg

フィットニア

成長すると、葉が密集し風通しが悪くなるので、枝を取り除く。

fumira.jpg

プミラ

強い直射日光を避け、明るい日陰で育てる。

waiya.jpg

ワイヤープランツ

水切れにならないように注意し、湿度を高く保たせる。

hedera.jpg

ヘデラ

日当たりの良い場所を好むが、強い直射日光に当てると葉が傷むので注意。

pepe.jpg

ペペロミア

寒さに弱いため、5度以下にならないよう注意。

sida.jpg

シダ

強い直射日光に注意。育てやすいため、初心者にもおススメ。

準備するもの

クレストプランター(丸・320型・ホワイト)、観葉植物の土、ぼら土

作成手順

ぼら土(小石)をプランターの半分の高さまで入れる。

01.jpg

観葉植物の土を上から10cm程度下まで入れる。

02.jpg

シダを中心に、上からスパティフィラム、フィットニア、プミラ、ワイヤープランツ、ヘデラ、ペペロミアを時計回りに仮置きする。
位置を決めたらポットから取り土で軽く固定していく。

1.jpg

全て植えたら、中の隙間から土を詰めていく。

IMG_3950.jpg

周りにも土をつめ、手で押して隙間が出来ないようにする。
足りないところには土を追加して完成。

12.jpg

できあがり
IMG_3975.jpg

参考価格2,500円

制作者
IMG_3980.jpg

JAグリーンおぎ 廣瀧 孝治 
小城市三日月町石木62-1
TEL:0952-72-1155

■ポイント
 土は真ん中から詰めていきましょう。

 

このページの上部へ