ほっと! ガーデニング教室

4月:鉢と花材で華やかガーデニング

今回は足の長い鉢を使用しました。鉢一つで華やかな雰囲気になるため、色を抑えた花や背の低い花でも十分に楽しめます。
また、バコパなど茎が地を張って伸びるような花との相性もいいでしょう。

今回使用する植物の紹介

begonia.jpg

ベゴニア センパフローレンス

冬場は霜や雪に当てないよう室内で育てましょう。ベコニアの中でも最も花期が長いので長く楽しめる。

korizema.jpg

コリゼマ フレームピー

冬は室内で管理しましょう。直射日光や梅雨の時期の雨にも注意しましょう。

nemesia.jpg

デモルホセカ

乾燥には強いが雨に当たると枯れるので梅雨の時期の管理に気をつけましょう。

pakopa.jpg

バコパ

茎が低く這うように伸びる。花が終わったら全体を大きく切り戻すと次の花が咲きやすい。

pechunia.jpg

ペチュニア

日当たりのいい場所で管理しましょう。花数が減ってきたら切り戻しをするとより長く花を楽しめる。

shimato.jpg

シマトネリコ

低温に気をつけましょう。強健で成長すると10mをこす高木になる。

yadone.jpg

宿根ネメシア

多年草。花が終わったら2/3程度切り戻しをすると何度も花を楽しめる。

準備するもの

鉢(直径33cm)・培養土、ネットに入れたぼら土・デコレーションバーク

作成手順

ぼら土(小石)を鉢底から約3㎝入れる。

01.jpg

根鉢の上部の高さがそろうように培養土を入れる。
目安は上から5cm程度のスペースが出来るくらい。

02.jpg

デモルホセカを中心にシマトネリコ、宿根ネメシア、ベゴニア、バコパ、ペチュニア、コリゼマを時計回りに仮置きし、全体のバランスをとる。

03.jpg

仮置きでバランスをとったら、ポットから抜き置いていく。
根が張っているものは底を十字に軽くほぐす。

04.jpg

根鉢と根鉢の間に土を入れていく。
土を詰めたら完成。

05.jpg

できあがり
できあがり

参考価格2,000円

制作者
制作者

JAグリーンしろいし 野中 貞子
杵島郡白石町遠江183-1
TEL:0952-84-5565

季節別ガーデニング
このページの上部へ