ほっと! ガーデニング教室

4月:春を満喫

どんな空間にも合わせやすいシンメトリーな鉢植え

日本の春を感じさせる「ピンク色」の花を全体的に使って、春を満喫できる寄せ植えに挑戦しましょう!また、鉢植えをシンメトリー(左右対称)に仕上げることで、洋風の空間にも合わせやすくなりますよ。

今回使用する植物の紹介

チューリップ(2鉢)

昼間温度が高くなると花が開きすぎることもあるが、夕方温度が下がると元に戻る

ルピナス(2鉢)

花穂の下の方から上にむけ次々に開花し、豪華な花穂を長い間楽しむことができる

サクラソウ(2鉢)

花は次々と咲くので、咲き終わったら花は早めに摘む

ディモルホセカ(2鉢)

日当たりが悪いと花つきが悪くなるため、日当たりの良い場所に置く

準備するもの

焼き鉢(横50cm、縦30cm、高さ20cm)・ネット・ぼら土(軽石)・培養土・肥料(マグァンプ)

作成手順

害虫が入らないように、鉢の底穴にネットを置く

鉢に2cm程度ぼら土を入れる

培養土を鉢の8割程度入れる

肥料を大さじ3杯入れて土と混ぜ合わせる

鉢の中央奥にチューリップを植える

チューリップの両サイドにルピナスを植える

鉢の中央前方にサクラソウを植える

サクラソウの両サイドにディモルホセカを植え、それぞれの花の根鉢と根鉢の間に土を詰める

できあがり
できあがり

参考価格参考価格5,000円
(焼き鉢1,680円込)

制作者
制作者

JAグリーンみやき 店長 松永 義治
三養基郡上峰町大字坊所412-1
TEL:0952-52-7311
どんな空間にも合わせやすいシンメトリーな鉢植え
シンメトリー(左右対称)に同品種の植物を植えることで、左右がバランス良く成長し形が崩れにくい鉢植えが出来上がります。そのため長い間鉢植えを楽しむことができます。
一番簡単なやさしい植え込み方法で、英国式庭園などによく用いられる方法です。

季節別ガーデニング
このページの上部へ