ほっと! ガーデニング教室

3月:新種の花を入れて楽しむ

色とりどりの花材を使って、春の楽しさと暖かさを演出してみましょう。

色とりどりの花材を使って、春の楽しさと暖かさを演出してみましょう。プリムラジュリアンはバラのように咲く品種を使いました。「バラの花かしら?珍しいわね」などと会話も弾むことでしょう。

今回使用する植物の紹介

ミニスイセン

花後は、葉を残して花茎の根元から取り除く。地植えしたままでも数年間花がつく。

ビオラ

摘み取った花がらを鉢内に置くと病気の原因になるので取り除く。

スノーポール

霜に当たると葉が痛むが枯れることは少ない。

バコパ(3色入り)

多年草。霜に弱い。夏は切り戻して半日陰に置く。

ハナカンザシ

花びらがカサカサしているのが特徴。乾燥には強いが花は雨に弱く傷みやすい。

プリムラジュリアン
バラ咲き(黄1赤1)

水やりは花びらが傷まないように土の表面にかける。

準備するもの

鉢・培養土・ぼら土(軽石)・肥料(マグァンプ)

作成手順

鉢(直径38㎝、高さ17cm)に、ぼら土を鉢の底から3cm入れる。

鉢に培養土を入れる。土の量の目安は、土の上に花苗を置き、水がたまるウォータースペースが約3cmできる程度。


肥料を大さじ2杯入れ、土と混ぜ合わせる。

花のポットをつけたまま仮置きして、全体のバランスを見る。

ミニスイセンを鉢の中央奥に植える。

ミニスイセンの右側にスノーポールを植え、左にハナカンザシを植える。根鉢の高さを揃えるため、根鉢の下に土を入れる(他の花も同様)


鉢の中央にビオラを植える。

鉢の右前方にバコパを植える。

バコパの左にプリムラジュリアンの黄・赤を植える。

根鉢と根鉢の間に土を詰める。

できあがり
できあがり

参考価格参考価格2,700円
(鉢代込)

制作者
制作者

JAグリーンおぎ  花き担当 吉田久美子
小城市三日月町石木62-1
TEL:0952-72-1155

土入れ器を使って 土をしっかり詰めます
制作者
鉢に花を植えてしまったら、土をしっかり詰めて土と根の隙間をなくします。バコパやプリムラジュリアンなどのように、葉が広がっていて土を入れにくい場合は、土入れ器の小さいサイズがあると手軽にできます。

季節別ガーデニング
このページの上部へ