ほっと! ガーデニング教室

10月:秋の風情

秋の七草であるハギ(ミソハギ)とススキを使って、秋の風情を感じさせる寄せ植えを作りましょう。

秋の七草であるハギ(ミソハギ)とススキを使って、秋の風情を感じさせる寄せ植えを作りましょう。また、素朴で落ち着きのあるダンギクやコリウスが、いっそう秋を演出してくれます。

今回使用する植物の紹介

ススキ

秋の七草のひとつ。夏から秋にかけて花穂をつける。

ダンギク

小さな青紫の花が集まって花穂となり、それが段になって咲く。

ミソハギ

ハギに似ていて禊(みそぎ)に使われることや、溝の近くに生えていることからこの名がついた。

小ギク

花の大きさが1.5 ~8cm程度の小さい菊。一重や八重咲きなど種類や色も豊富。秋を代表する花。

センニチソウ
(切花用・花壇用)

切花用は背丈が高くなり、花壇用は15㎝程度と低い。

コリウス

強い光に当てると葉がくすむので、半日日陰になる場所が適している。

グラスコレクション

一部の葉が赤く、赤い穂が実る。冬越しさせた場合は、4月に植え換ると成長がよい。

トウガラシ(観賞用)

実の色が白→黄色→オレンジ→赤になるなど変化を楽しむことができる。実の形や大きさなど多くの品種がある。

作成手順

焼き鉢(横50cm、縦30cm、高さ20cm)の底穴にネットを置き、ぼら石(軽石)を底から約3cm入れる。

培養土を鉢の約8割入れ、緩効性肥料(マグァンプ)を大さじ3杯入れて土と混ぜる。

図のように花のポットをつけたまま仮に置き、全体のバランスを見る。

鉢の右奥にススキを植える。

ススキの隣にダンギクとミソハギを植える。

鉢の左奥に小ギクを植え、左手前に背丈の高い方のセンニチソウを植える。

センニチソウの右にコリウスとグラスコレクションを植える。グラスコレクションの根が張りすぎている場合、根鉢の下方に切り込みを入れて手でほぐす。

グラスコレクションの斜め後ろに、背丈の低い方のセンニチソウを植え、鉢の右手前にトウガラシを植える。

それぞれの花の根鉢と根鉢の間に土をつめる。

できあがり
できあがり

参考価格4,000円(焼き鉢鉢1,680円込)

制作者
制作者

JAグリーンみやき 店長 松永 義治
三養基郡上峰町大字坊所412-1
TEL:0952-52-7311

季節別ガーデニング
このページの上部へ