ほっと! ガーデニング教室

9月:ひときわ輝く ミニ観葉

背丈が15㎝程度のミニ観葉植物を使って、寄せ植えを作りましょう。

背丈が15㎝程度のミニ観葉植物を使って、寄せ植えを作りましょう。植物の根元にキラリと輝く「レインボーパール」を敷き詰めると、注目度もアップ。レインボーパールは、赤・黄・紫など、お好みの色で楽しめます。

今回使用する植物の紹介

ソテツ(2個)

ヤシの葉に似て、葉は硬い。九州から南方で自生している。

パープルコンパクト

高さを調整するときは、太い茎 を切っても枯れない。

イヌマキ

大きいものは、庭木に使われる。丈夫で生長が早く、樹形を整えやすい。

プシュード

葉は全体的に濃い緑色で、一部が紫色をしている。

タコノキ(2個)

大きくなると根の上部がタコの足のようにうねる。

準備するもの

ガラスの器(直径17㎝、高さ前8㎝後ろ13㎝)・レインボーパール(青)<保湿力が高く、衛生的。1mm程度の粒が、2~3時間水につけると8mm程度の丸いゼリー状に膨らみ、1袋で1Lの量になる>

作成手順

2~3時間水につけたレインボーパールを、器の底から約3cmの高さまで入れる。

それぞれの植物を仮に並べて、全体をイメージする。器の中央には背丈の低いプシュードを置き、前方にイヌマキを置く。

パープルコンパクトの両脇にソテツを置いて並べる。ソテツの葉先は外側に出すように置く。

3を器の後方に置く。

次に、プシュードの前にイヌマキを置き、プシェードの両脇にタコノキを並べる。

5を器の前方に置く。

レインボーパールを鉢底に敷き詰めて植物を固定する。

できあがり
できあがり

参考価格1,800円(鉢代込み)

制作者
制作者

JAグリーンおぎ 花き担当 秀島 禎子
小城市三日月町石木62-1
TEL:0952-72-1155

容器の再利用で「エコ寄せ植え」
ペットボトル(左)やプリンの容器(右)にミニ観葉植物とレインボーパールを入れるだけで、小さなスペースでも楽しめるおしゃれなインテリアになります。

季節別ガーデニング
このページの上部へ