ほっと! ガーデニング教室

7月:ぐんぐん伸びて大きくな~れ

木の枝を使って、手作りの柵作りから楽しんでみましょう。

木の枝を使って、手作りの柵作りから楽しんでみましょう。サンパラソルのつるが、ぐんぐん伸びていく姿は、見ている私たちを元気にしてくれそうですね。

今回使用する植物の紹介

サンパラソル(2個)

つるの長さは約2~3mになる。寒さに弱いので冬越しは難しい。

ニチニチソウ

暑さにはとても強いが、長雨にあてると茎や葉が腐る。

コリウス

葉色は温度、光、肥料によって変化する。光が強すぎると葉やけすることもある。

サフィニア(這性)(2個)

伸びすぎた枝を切ることにより、根元の葉が茂り、花数も多くなる。

準備するもの

木の枝8本

ビニタイ(針金)

鉢(直径40cm高さ35cm)・ぼら土(軽石)・培養土・肥料

作成手順

鉢の中にぼら土を3cm入れ、次に土を鉢の高さの7~8割程度入れる。


緩効性肥料(マグァンプ)大さじ4杯入れ、土に混ぜ込む。

鉢の後方に枝を5本立てる。

3の枝に、針金を使って3本の枝を止める。

4の前にサンパラソル2つを植え、つるを棚に絡ませ、つるの先と木の枝をビニタイで軽く止める。

鉢の左にニチニチソウ、右にコリウスを植える。

鉢の前方に、サフィニア2個を植える。
(サフィニアの枝が伸びたら、後方の枝を切って鉢の前・横に枝を伸ばす)

それぞれの花の根鉢と根鉢の間に土をつめる。

できあがり
できあがり

参考価格2,800円
(鉢代込み)

制作者
制作者

JAグリーンみやき 店長 松永 義治
三養基郡上峰町大字坊所412-1
TEL:0952-52-7311

梅雨と暑さ対策をしましょう
梅雨や夏の暑さで、花が疲れてしまうことがあります。鉢に寄せ植えるときは、根元に空間を作ることで、太陽光を根元に当て、通気性を良くします。

季節別ガーデニング
このページの上部へ