ほっと! ガーデニング教室

6月:トマトとハーブ 相性いいね!

ミニトマトとハーブを鉢に寄せ植えしてみましょう。

ミニトマトとハーブを鉢に寄せ植えしてみましょう。ハーブとミニトマトは互いの成長を助け、一緒に植えるとミニトマトの風味が良くなります。またハーブの香りが、害虫よけにもなります。
このように、相乗効果のある植物を「コンパニオンプランツ」といいます。

今回使用する植物の紹介

レジナミニトマト

草丈は約15cmと低く、球状の草姿になるので支柱がいらない。

パセリ

収穫時期は冬~春と初夏。葉が茂ったら葉の下方の外側から切る。花が咲くと花の成長が弱くなるため、花を摘む。

バジル

葉の収穫時期は5~9月。花が咲くと葉が固くなるため、早めに花を摘む。葉は肉料理やサラダ、ハーブティーに使う。

ローズマリー

(横に広がる這性を使用)葉の収穫時期は4~10月。移植後翌年には茎が木のように固くなり大きくなる。葉は肉・魚料理やハーブバスに使う。

準備するもの

培養土(野菜の土=通気性・排水性・保水性に優れ、天然有機原料が配合されている)

鉢(直径24cm、深さ22cm)・培養土・ぼら石(軽石)

作成手順

鉢の中にぼら土を3cm程度入れる。

土を鉢の1/2の高さまで入れる。

ポットをつけたまま鉢の中に仮に置き、全体のバランスを見る。

ミニトマトを鉢の中央に植える。

パセリ2個をミニトマトの左右に植える。

バジルは背丈が高くなるので、ミニトマトの後ろに植える。

ローズマリーはミニトマトの前に植え、葉を鉢の外側に出すように植える。

それぞれの根鉢と根鉢の間に土を詰める。

できあがり
できあがり

参考価格950円
(鉢代込み)

制作者
制作者

JAグリーンおぎ 花き担当 立部京子
小城市三日月町石木62-1
TEL:0952-72-1155

この植物も害虫対策や実の風味を良くします。

季節別ガーデニング
このページの上部へ