ほっと! ガーデニング教室

2月:寄せ植えから「春」を伝える

「春」をイメージしながら、鮮やかなピンクと黄色の花材を使って寄せ植えしてみましょう。

「春」をイメージしながら、鮮やかなピンクと黄色の花材を使って寄せ植えしてみましょう。寄せ植えから「春の訪れ」を演出することができ、寒い冬には、ピンクや黄色の花色が一層暖かさを感じさせてくれますよ。

今回使用する植物の紹介

サイネリア

花数が多い分、水分も多く必要なので水やりを忘れずに

スイセン

数年間咲かせるためには、花後の葉が黄ばむまで葉や茎を切らないようにする

エリカ

筒状の花が多くつく。ベル型の花もある

マーガレット

花後は茎ごと切り、夏に切り戻しをすれば秋にまた開花する

フリージア

甘い香りが楽しめる。葉が広がってきたら支柱を立てる

オレア

別名「冬知らず」といわれるほど寒さに強い

ネメシア

花期は3~6月と10~12月。花が長持ちするよう雨にあてない

準備するもの

ウッドプランター(直径36cm、高さ23cm)

鉢底の石(ぼら土)
培養土

緩効性肥料

鉢底ネット

作成手順

ウッドプランターを置き、底の穴から虫の侵入を防ぐため、鉢底ネットを適当な大きさに切って置く

鉢底の石(ぼら土)をプランターの底から約3cmの高さまで入れる

培養土をプランターの高さの8割まで入れる

緩効性肥料を大さじ3杯入れ、土全体に混ぜ込む

背丈の高いサイネリアはプランターの中央後ろに植える

サイネリアの左にスイセン、右にエリカを植える。花の先をプランターから斜めに出すように植える

培養土を入れて5・6の花を固定する

スイセンの前にマーガレット、エリカの前にフリージアを植える

プランター手前の左にオレアを植え、その右にネメシアを植える

通気性をよくするため、プランター中央に空間を作っておくと、花が生き生きと生長する

できあがり
できあがり

参考価格5,750円
(プランター代980円込)

制作者
制作者

JAグリーンみやき 店長 松永 義治
三養基郡上峰町大字坊所412-1
TEL:0952-52-7311

土のエコ!試してみませんか
JAグリーンでは、使用後の古くなった土に上からまくだけ、混ぜるだけで、花や野菜の生育に適した土によみがえらせる「土のリサイクル材」があります。家庭菜園用として、連作障害軽減材が混ざったものもありますよ。

季節別ガーデニング
このページの上部へ