文字の大きさ 小 中 大

食と農業

ロケット(ルッコーラ)

ロケット(ルッコーラ) 種蒔き

 

 
 ロケットは、ハーブの一種で、ゴマの香りとクレソンに似た苦味が特徴です。
サラダやパスタ、ピザなどに使われています。
 真夏を除き、春から秋まで時期をずらして蒔くことで、長期間収穫を楽しむ事ができます。
 畑に蒔く場合は、日当たりが良く、水はけの良い所に蒔きましょう。
  動画で見る
 

作業手順

1
手順1
準備するもの
ロケットの種、浅めのプランター(大きさは自由)、培養土(プランター・花壇の土)、軽石、ふく土用の土(種蒔き専用培養土)、野菜専用肥料(チッソ4%・リン酸8%・カリ3%)、新聞紙、そのほか、封筒や大さじ、ハサミ、ジョウロなど
2
手順2
水はけを良くするため、プランターの底に、2〜3cm高さに軽石を敷く。
3
手順3
プランターの深さの約8割ほど培養土を入れる。
4
手順4
大さじ1杯の肥料(チッソ4%・リン酸8%・カリ3%)を与える。
5
手順5
肥料のかたまりができないように、土と混ぜ合わせる。
6
手順6
凸凹が無いよう、土の表面を平らに整地する。
7
手順7
種を蒔く前にジョウロで水を、たっぷりと底から流れ出るまで与える。
種を蒔いてから水を与える野菜が多いが、ロケットの種は、1mm程度と小さいため、蒔く前に与え、ふく土から浮いてきたり、水で流れ出るのを防ぐ。
8
手順8
種が小さく手では蒔きにくいため、二つ折にした紙(または封筒を切り開いたもの)に種をとり、紙を持った方の手首をたたき、床土全体に均一にばら蒔く。
9
手順9
ふく土は、めが細かい種蒔き専用の培養土で行う。3mm程度、全体に均一にふりかける。
10
手順10
水が蒸散しないよう、プランター全体を新聞紙で包み込む。
※風の当たらない冷暗所に置く。発芽適温は20〜25℃で、約2〜3日で発芽します。
発芽後は、新聞紙を取り除き、日の当たる場所に移します。水やりは、土の表面が乾いたら与える程度。

作業手順(間引き)

11
手順11
発芽し、込み合った状態のままだと、正常に生長しないため、芽と芽が込み合っている部分を約1.5〜2cm間隔に間引く。
12
手順12
倒れている芽も、本葉が正常に生長しないため間引く。
※以後、生長に合わせて込み合ってくるため、順次、間引きを行いながら収穫します。
間引き収穫した葉は、サラダなどで美味しくいただけます。
種を蒔いて約20日から1ヵ月後、本葉が4〜5枚の頃が収穫適期です。



ページのトップへ