文字の大きさ 小 中 大

食と農業

キュウリ

キュウリ(植え付け)

 




 夏野菜の代表とも言えるキュウリは、生長が早く観察力が必要で、栽培が難しい部類に入ります。その中でも、比較的に病気に強く、人気が高い「夏すずみ」を苗から植え育ててみましょう。
 プランター栽培では、接木を使う必要はないでしょう。
  動画で見る
 

作業手順

1
手順1
準備するもの1
キュウリの苗(夏すずみ)、プランター(支柱用留め具付き丸型プランター)、肥料入り培養土(野菜の土)、支柱(8mm4本、11mm1本)
2
手順2
プランターに付属の底網をセットし、水抜き穴のフタを外す。
3
手順3
プランターに培養土を、やや多めに入れる。ウォータースペースを確保する。
4
手順4
プランターに付属の、支柱留め具を対角線上にセットする。
5
手順5
8mmの支柱を4本、留め具に入れ垂直に立て、11mmの支柱を中心に1本立てる。最後に付属のリングを上部に取り付ける。
6
手順6
ポットを逆さにし、苗を外す。根はほぐさない。
7
手順7
鉢の土と同じ高さに植える。深く、浅く植え付けないよう注意。
8
手順8
最初に与える水は、たっぷりと。鉢の底から出るくらいに与える。
一週間程度は、土の表面が乾いたら、たっぷりと与える。
※一週間後からは、根を張らせるために、水やりは控えめにする。


キュウリ2(枝の整理〜誘引)


 植え付けから約2週間後に、枝の整理と誘引を行います。
 誘引には、キラキラしたミラーテープを使用すると虫よけに効果的です。
  動画で見る
 

作業手順

9
手順9
植え付けから約2週間後に、初期の生育を旺盛にするため、地上30cmの高さまでにある、わき芽、花芽をすべて取り除く。
また、下の方が茂りすぎると病気にかかりやすくなったり、きれいな実がならないためでもある。
10
手順10
株元の茎と支柱を緩めに結びつける。きつく結ぶと、茎が大きくなったとき、食い込み、生育を阻害する。
(今回の誘引には、キラキラした光を嫌う虫よけ効果のある、ミラーテープを使用)
11
手順11
誘引テープは、上へ向かって茎に巻きつけ、残りを真ん中の支柱へと巻きつけ、上部でとめる。
キュウリの巻きつるが邪魔なら、取り除いてもかまわない。
※しだいに大きくなる茎は、同じ要領で結びつける。


キュウリ3(枝の整理〜追肥)


 親蔓が、支柱の高さか、目の高さまできたら、親蔓を摘み成長を止めて、実の方へ養分が届くようにしましょう。
 また、花が咲き、実が大きくなってきたら、追肥を行いましょう。
  動画で見る
 

作業手順

12
手順12
親蔓を、支柱の高さか、目の高さほどで止める。
止めることで、実の方へ養分が届き、側枝も出やすくなる。
13
手順13
下部の側枝は、葉を2枚残し止める。
14
手順14
随時出てくる側枝も放任しない。葉を2枚残しながら止めていく。
15
手順15
花が咲き、実が大きくなってきたら、追肥を行う。
野菜専用肥料を一掴みほど、株元から少し離した周りに施す。
※追肥は、約1週間に1回の割合で施す。


キュウリ4(収穫〜枝の整理)


 夏場のキュウリの生長は早く、朝から夕方までに数センチ成長します。
 21〜22cmを目安に早めに収穫しましょう。
  動画で見る
 

作業手順

16
手順16
収穫は、手の幅を目安に21〜22cmで行う。
17
手順17
夏場のキュウリの生長は早く、朝から夕方までに数センチ生長する。
こまめに観察し、早めの収穫を心がけることで、茎への負担を軽減でき、長期間収穫が楽しめる。
18
手順18
随時出てくる側枝も放任しない。葉を2枚残しながら止めていく。
19
手順19
下部の古い葉は取り除く。
20
手順20
生長に伴い出てくる側枝は、葉を二枚残し止め、孫蔓など茂り過ぎた葉は取り除く。
風通しを良くすることで、病害虫を予防し、実の生長を促す。
※追肥は、約1週間に1回の割合で施す。


ページのトップへ