文字の大きさ 小 中 大

食と農業

段ボールコンポスト

 

段ボールコンポストとは、安価で手に入る段ボール箱を利用して、生ゴミを堆肥化するもので、家庭から出る生ゴミ減量につながり、環境にもやさしいため、推奨している自治体もあります。
通気性のある段ボール箱を使うことで、酸素を必要とする微生物の活性化につながり、また、生ゴミの水分を気化する効果が得られます。
臭いの心配もほとんどありません。ピートモス3に対し、もみ殻薫炭2の割合で入れることで、微生物にとって最適な環境となり、生ゴミを発酵分解しているので、腐る臭いとは違うと言えます。
今回作る段ボールコンポスト(10kg用ミカン箱)で、3〜4人家族(1日500グラム前後の生ゴミを目安)の場合、約2〜3ヶ月使用できます。
  動画で見る 段ボールコンポスト

準備するもの ■作成手順 ■ポイント ■微生物の活性化を促すもの ■投入しないほうが良いもの ■迷うが、投入して良いもの ■お問い合わせ先

準備するもの
準備するもの
  • 保温や防水コーティングされていない段ボール箱2個(10kg用ミカン箱)みかん箱のように取っ手の穴がない箱の場合1個でも良い
  • 箱の底に合わせて切った底に敷くための段ボール1枚(コーティング無し)
  • 紐1本(今回は布切れを用意)
  • 風通しのよい台(穴数の多いしっかりした台)
  • 古着のTシャツ(今回は綿TシャツのLサイズを準備)
準備するもの
  • ピートモス(PeatMoss)155リットル(段ボールコンポスト11個分)
  • もみ殻薫炭100リットル(段ボールコンポスト11個分)

作成手順

箱作り通気性がよく虫の侵入を防ぐキャップづくり基材づくり(段ボールコンポスト11個分)〜使用方法

箱作り
1
手順1
1箱だけ、裏フタの留め金具をはずし、フタを開ける。
2
手順2
内側に入れる箱の四スミを硬い物でたたいて、入りやすくする。
3
手順3
箱のつなぎ目(のりしろ)部分が、外側の箱と重ならないように入れる。
4
手順4
内側に入れた箱の底フタをしっかりと開く(立てる)。
5
手順5
内側に入れた箱の上フタを閉じ、対角線に手を置き、外箱の底に着くまでしっかりと押す。
6
手順6
補強のため、底に敷く段ボールを入れ、隙間ができないようしっかりと押さえる。
7
手順7
外箱のフタを立て紐で縛る(ガムテープを使うと通気性を損なう)。
8
手順8
蝶々結びすると、湿気などで箱が変形したときに結び直せる。
通気性がよく虫の侵入を防ぐキャップづくり イラストで見る(別ページ)
9
手順9
古着のTシャツを裏返しする。
10
手順10
シャツの脇の下部分から円を描くようにハサミで切る。
11
手順11
二つ折にする。
12
手順12
もう一度折り重ねる(四つ折)。
13
手順13
重ねた切り目の上、余分な部分を切り取る。
14
手順14
シャツを広げ、縫い代の目印となる線を、M字になった外側の辺の内側、1〜1.5センチに付ける、線に沿って縫う。
15
手順15
中央部分を持ち、左右に開く。
16
手順16
中央部分を、約1センチ重ねる。
17
手順17
広げた方を縫いふさいでいき、16で重ねた中央部分を返し縫いする。
18
手順18
シャツが表側になるよう裏返す。
基材づくり(段ボールコンポスト11個分)〜使用方法
19
手順19
圧縮されたピートモスを、小さなかたまりが無くなるくらいにほぐす。
木くずなどのゴミを取り除く。
20
手順20
ほぐしたピートモスを、バケツなどを利用し11個に等分する。
21
手順21
もみ殻薫炭も、同じように11個に等分する。
22
手順22
分けたものをゴミ袋に入れ、混ぜ合わせる(袋に入れることで、ホコリが少なくてすむ)。
23
手順23
基材を箱に入れる(空になったゴミ袋は、ゴミ袋として再利用する)。
24
手順24
設置場所は、屋外で、雨が当たらず、日当たりがよく、風通しの良い場所を選ぶ。
25
手順25
使用するとき、生ゴミを投入したら、必ずかき混ぜ、箱のフタをして、虫が入らないようにキャップをかぶせる。
26
手順26
段ボールコンポストは、栄養(生ゴミ)・水分・酸素のバランスが大切。生ゴミを投入したら、必ずかき混ぜる。
1ヶ月ほど使用中
1ヶ月ほど使用中
 
完成した堆肥
完成した堆肥
使用した後、2ケ月程度寝かせると元肥の完成。家庭菜園に利用できます。

ポイント

最初に投入してから一週間から10日くらいはかさが増してきますが、表面に白いカビが現れ、微生物が活性化すると、温度も40〜50度に上がり、分解が始まるので、それ以上かさが増えることはありません。
投入する生ゴミが無いときも、こまめにかき混ぜ、微生物の活動を促します。
また、季節にもよりますが、かき混ぜることを怠ったり、きちんとキャップで塞いでいないと虫が発生することがあります。
生ゴミを投入する時は、水気を切ってから投入します。栄養(生ゴミ)・水分・酸素のバランスが大切です。
微生物の活動は温度が目安です。温度が上がらない場合は、微生物が好む天ぷらかすや米ぬか、スイカやメロンといった甘い果物皮を入れてみます。
臭いが気になるときは、茶殻やコーヒー殻を入れると軽減できます。ティーバックやフィルターは入れないでください。
通気が肝心です。ビニールをかぶせたり、ガムテープを張らないようにします。



微生物の活性化を促すもの



投入しないほうが良いもの



迷うが、投入して良いもの


段ボール・コンポストに関する、お問い合わせ先





ページのトップへ